正官庄の人気の秘密とは

今回は、正官庄はどうしてこんなに人気があるのか、その秘密を探ってみます。

高麗人参の6年根

創業は1899年高麗人参一筋に119年の歴史

正官庄を製造している「韓国人参公社」は、1899年に韓国政府によって設立されました。

20世紀に入ると韓国政府は高麗人参を専売品としました。

そのため、多くの偽造品や類似品が市場に出回ることになったのです。

そこで韓国政府は本物である証として「正官庄」と名付けました。

また、正官庄のマークの上には6つの星がデザインされていますが、これは貴重な6年根紅参を使用していることを表しています。

この正官庄がブランド名として定着し、今では高麗人参の世界NO.1ブランドになっているのです。

韓国人参公社は1999年に民営化されましたが、その歴史は脈々と受け継がれ、厳しい品質管理の元で正官庄ブランドの高麗人参の栽培から製造・販売までを行っています。

世界NO.1の売り上げ!世界60カ国で販売されている正官庄は

正官庄は日本はもちろんのこと世界60カ国に輸出され販売されています。

韓国を代表する健康食品として人気が高く、その品質の高さや効能とともに世界中で認知されています。

その国を代表する有名デパートなどで販売され、多くの著名人が愛飲しています。

韓国を訪れる観光客からの人気も高く、韓国を代表する高級お土産品としても注目を集めています。

正官庄が世界売NO1の人気の秘密

正官庄が世界NO.1の売り上げとなった背景には、その品質の高さにあります。

材料となる高麗人参については、栽培する土地の選定から収穫までの管理をすべて韓国人参公社が行っています。

しかも使用する高麗人参はすべて16年に1度しか収穫できない貴重な6年根で、正官庄の為に土地の選定から収穫まで行われています。

この6年根高麗人参のパワーを最大限に生かすために、高度な低温熟成技術を活用して製品化されています。

この低温熟成技術が吸収性を飛躍的に高め、6年根高麗人参のパワーが体内に取り込まれるのです。

そのため正官庄を飲んだ多くの人が品質の高さを実感します。

これが正官庄が世界中で支持される理由といえるでしょう。

コメントを残す