高麗人参の販売市場

高麗人参に適した栽培地

高麗人参の栽培地は、韓国をはじめ北朝鮮、中国、ロシヤ、アメリカ、日本などですが、韓国産の高麗人参が最もいいと言われています。
その理由の1つは、高麗人参が自生していた自然環境に韓国が一番適しているからです。

総生産高

しかし世界の高麗人参の総生産量の53%が中国、35%が韓国だそうです。

中国は高麗人参生産大国です。
世界中に出回っている高麗人参の7割が中国産で、そのうち5割が日本や韓国に輸出されているそうです。
毎年多くの高麗人参を極めて安い価格で韓国に輸出されているそうです。

混ぜた高麗人参

韓国国内では少量の韓国産高麗人参に、安全性に心配のある原価の安い中国産や北朝鮮産の高麗人参を混ぜて、韓国産と表示した商品が販売されているといわれています。

韓国産高麗人参を100%使用している商品を区別する必要がありました。

韓国産の高麗人参100%の目印

正官庄以外の商品で、韓国産の高麗人参100%使用している商品の目印は、人参のキャラクター「インサム」くんです。

韓国政府機関認定「インサム」くんのマーク画像

世界各国の皆さんが安心して韓国産の高麗人参商品を選べるよう「Korea INSAM」という高麗人参キャラクターを活用し、他国産の高麗人参製品との差別化を進めています。

高麗人参キャラクターは一定の資格基準(韓国産高麗人参を100%使用もあり)を満たし、韓国の政府機関が認定した製品にだけ付いています。認定番号も印刷されています。
韓国の高麗人参商品をお求めの際は、高麗人参キャラクターが製品に付いているかをぜひ確認してください!

コメントを残す