正官庄紅参の購入時の注意

品質保証のマーク

高麗人参の商品をお求めの際は、政府が作成した認証マークの有無などをご確認することが大切です。

正官庄は本物の高麗人参6年根でその名前は品質保証のマークとも言えます。
韓国政府が公営企業当時の韓国人参公社の製造(現在は民営化)する紅参製品に、「本物」で「品質を保証」と言う意味で付けたとされています。

「正」は正に本物、「官」は政府が、「庄」は包装した、と説明されています。

「正官庄紅参」は韓国産高麗人参6年根を100%使用しています。

6年根が良い理由

「正官庄」のマークの両サイドの6つの★が6年根使用の印で、中央下部に6年根と印刷があります。

正官庄のマークの画像

高麗人参(朝鮮人参)の栽培は手間ひまがかかり非常に難しいといわれています。
栽培には韓国が最良の地と言われています。
それは、高麗人参が自生していた自然環境が似ているからです。

良心的な会社の高麗人参(朝鮮人参)は6年根を収穫し商品化します。

購入時の注意

なかには4年根や5年根を6年根と偽ったり、他の国で生産された高麗人参を混ぜて韓国産として販売しているケースが多いそうです。

特に農薬や化学肥料などの使用に規制のない国からの物には注意が必要です。

健康のためが健康を損ねては元も子もありません。

安心の正官庄

「正官庄」ブランドは安心安全です。

「正官庄」のマークができた背景には、韓国政府が高麗人参を専売品として製造、流通させたため、1940年代になってから民間で作った粗悪品や偽造・類似品が市場に出回りました。
それを区別する対策として政府が作った「本物」であると証明する必要からできたものがブランド名「正官庄」となって定着しました。

「正官庄」ブランドの紅参商品は、韓国産高麗人参の6年根を厳選して100%使用しています。

栽培前から厳選

製造元である(株)韓国人参公社は高麗人参の植え付けの土地を2年間かけ選定します。
その間「残留農薬」「重金属」の有無の検査を繰り返し行い、合格した土地の農家とだけ栽培契約をします。

(株)韓国人参公社は6年間の一貫した栽培管理を徹底的に行います。
その管理の厳しさは農家の人たちも悲鳴を上げるほど徹底しているそうです。
高麗人参の栽培には農薬や化学肥料は一切使用されません。

「正官庄」となる原料の高麗人参は、栽培から製造まで厳しく管理されていますので、韓国産以外の産地の高麗人参が混入する余地はないと言われています。

「インサム」マーク

「インサム」は韓国産100%使用の認証マークです。

韓国政府機関認定「インサム」くんのマーク画像

「インサムくん」のマークが生まれた理由も「正官庄」が出来た背景と似ています。

韓国産高麗人参100%を使用していますと表示していますが、実は他国産が70%、韓国産30%という商品などがあったため、韓国政府が基準を作成したのが人参キャラクターの「インサムくん」のマークです。

世界各国の皆さんが安心して韓国産の高麗人参商品を選べるよう「KoreaINSAM」という高麗人参キャラクターを活用し、他国産の高麗人参製品との差別化を進めています。

高麗人参(朝鮮人参)キャラクターは一定の資格基準(韓国産高麗人参を100%使用もあり)を満たし、韓国の政府機関が認定した製品にだけ付いています。

認定番号も印刷されています。

しかし6年根と表示はありますが、「正官庄」のように6年根100%使用していますと証明認定する機関があるのでしょうか?

一抹の不安が残ります。

だからこそ韓国の高麗人参商品をお求めの際は、「正官庄」のマークや高麗人参キャラクター「インサム」くんのマークが製品に付いているかをぜひ確認してください。

コメントを残す