正官庄紅参の栽培製造加工

高麗人参栽培の徹底的な管理

正官庄紅参は、原料となる高麗人参(朝鮮人参)を栽培する耕作地を2年間かけ「残留農薬」や「重金属」の有無を徹底的に検査し、基準に合格した農地とだけ契約を結びます。

その管理の徹底ぶりは人参農家が「恐ろしい」と表現するほどです。
人参の種付けから収穫まで、韓国人蔘公社の管理のもとで育て上げられた6年根を厳選した紅参だけを100%使用しるのが「正官庄紅参精」です。

正官庄紅参としての加工

正官庄紅参は高麗人参の中で最も品質のいい6年根の水参を外皮をむかないまま蒸気で蒸して乾燥させたものです。

紅参は蒸される過程で成分が変化し、新しいサポニンが生成されるため、他の人参よりも有効成分のサポニンが豊富に含まれています。

現代科学の分析技術によって30種類以上の人参サポニンが含まれていることが解明されています。

安心安全と最高品質の人参

正官庄紅参は一世紀の間培われたノウハウで製造されています。
消化吸収率が高く、サポニンの組成のバランスも良い、最高品質の人参です。

他の高麗人参は1996年に紅参の製造の専売性が解禁され、民間企業や農協が紅参の製造ができるようになりましたが、約20年位の実績しかありません。

正官庄紅参は、添加物、保存料、甘味料、着色料、合成香料を一切使わず、できるだけ自然ままの最も安心安全な紅参です。

医学薬学の専門家からも最高品質の高麗人参と評価され、日本をはじめ世界各国の人参研究材料として信頼され使用されています。

コメントを残す