お勧めの高麗人参は6年根紅参の正官庄紅参精

大昔から体にいいとして重用されてきた高麗人参も、今ではたくさんのサプリやドリンクになっています。

高麗人参を使った健康食品もたくさんあって、どれを選んだらよいかきっと迷ってしまわれることと思います。

そんな時は、次の点をポイントに選んでください。

材料:6年根

「6年根」とは、高麗人参が栽培されて6年目の根のことです。

高麗人参は、5~6年経つと急速に根が太くなり、6年根になると含まれる人参サポニンもピークに達します。

それ以上の7~8年経つと、人参サポニンの量は逆にだんだんと減ってしまいます。

人参サポニンの量が最も多いのが「6年根」なのです。

高麗人参(朝鮮人参)の水参

加工法:紅参

高麗人参の加工法には「紅参」「白参」があります。

高麗人参の6年根を皮がついたまま蒸すか煮るかした後、乾燥させたもの「紅参」です。

皮をそのまま使うので、皮と本体の間に多く含まれる人参サポニンを凝縮させます。

人参サポニンを一番多く含む加工法が「紅参」です。

高麗人参(朝鮮人参)の紅参

抽出法:水抽出法

高麗人参のエキスの抽出法には、アルコール抽出法と水抽出法があります。

水抽出法は、アルコール抽出法に比べるととても時間がかかります。

時間をかけて、紅参に含まれている貴重な栄養分のアミノ酸、タンパク質、糖類をていねいに抽出するのが水抽出法なのです。

アルコール抽出法は水抽出法に比べると短時間で抽出することができます。

圧倒的な人参サポニン量

正官庄紅参精(エキス)は、
・韓国産6年根
・紅参
・水抽出法
で、既存の紅参エキスに比べて圧倒的な人参サポニン量です。

コメントを残す