正官庄紅参の製造工程

正官庄紅参の製造の流れ

原料の高麗人参6年根(水参)→洗浄→加湿→天日乾燥→精製→等級区分(天参、地参、良参)から良参を選別(根100%)→加水→加温→抽出(水抽出方法)→包装→出荷販売。

天然は無い

高麗人参は自然に自生していましたが、乱獲や土地開発などによりほとんど天然の高麗人参はありません。
深い山岳地帯でしか育たないことから「山参」と呼ばれ最高の高麗人参とされていました。

現在の市場にでている高麗人参のほとんどは人口栽培されたものです。

厳しい栽培環境基準

正官庄の高麗人参の栽培の為の条件は難しく、夏でも高温多湿ではなく涼しく、水はけが良い、土が腐葉土で肥えている、雨が多く降り過ぎない、などの条件をクリアした土地出なければなりません。

しかし世界トップの高麗人参を作る為、この条件をクリアした環境づくりから正官庄の製造は始まります。

この条件の畑作りだけで、1年から2年ほどの期間が費やされます。

貴重な栽培

高麗人参は、土の栄養を吸いつくすため、一度使用した畑は10年以上使用できなくなります。

収穫までには、種まきをした後、4年から6年かかります。

3年以内に収穫した高麗人参には効能がないとされ、6年以上経ったものは、それ以上は成長せずに腐ってしまうため、6年間育てて収穫されたものの栄養価が最も高いとされています。

だから6年根は貴重な製品なのです。

高麗人参を紅参に加工

収穫された6年根の高麗人参の水分割合は7割から8割程度といわれています。

6年根の高麗人参を洗浄後に煮るか蒸すかし、太陽の熱で乾燥させます。
この乾燥の際に人参が赤くなるので「紅参」と言われます。

乾燥が済んだ紅参の形を整え、区分を行います。
この区分で高麗人参の外見、内側を見て、組織・重量などにより等級(天参、地参、良参)を決めます。

その過程を経て加湿・圧搾(濃縮液:固形分濃度64%)により形を整え包装されます。

抽出法は手間暇がかかるため他社ではほとんど採用されてない水抽出を取り入れ、栄養分の多くを効率よく抽出しているのが特徴です。

コメントを残す