正官庄紅参の人参サポニン

健康で毎日を過ごすためには規則正しい生活のほかに健康にいい成分を摂取することも大切です。

高麗人参は健康素材として昔から有名です。
高麗人参には沢山の栄養分が存在しますが、その中で最も有名なのが人参サポニンです。

このページの目次

サポニンとは

正官庄紅参として加工する高麗人参は6年間栽培した畑から掘り起こした水参を水洗いして皮を剥かずに蒸気で蒸し乾燥させる加工技術で紅参にしたものです。

そこには数多くの栄養素が含まれていますが、特に重要な成分に人参サポニンがあります。

科学構造

サポニンはいろんな植物に広く存在していますが、人参サポニンの成分は、他の植物に含まれているサポニンとは科学構造がまったく異なります。

サポニンとはどういう意味でしょうか? サポニンとは、シャボン玉のシャボン(ラテン語)と語源は同じで、水に溶かしてもなかなか消えない泡が立つ性質をもった成分につけられている名称と言われています。

人参サポニンは人参の配糖体でジンセンサイドと呼ばれています。

ジンセンサイドとは、ginseng(高麗人参)とglycoside(配糖体)の合成語で高麗人参に含まれる配糖体を意味しています。

コメントを残す