高麗人参を栽培した畑から収穫した生の高麗人参を水参(水分を約70%含んでいます。)と言いますが、水参は水分が多く長期の保存はできません。

「紅参」とは高麗人参の5~6年根を皮を剥かずに蒸気で蒸して水分量が14%以下になるように自然乾燥させたものです。

蒸気で蒸して、紅色になるまで乾燥させる過程で新たな有効成分が生じると言われています。
しかし紅参はどれも同じではありません。

このページではカテゴリー「紅参」の記事を紹介しています。