よくある質問

  • 「正官庄 紅参」は何時飲むといいでしょうか?
  • 高麗人参「正官庄 紅参は」健康食品として販売していますから、何時飲まれてもかまいません。
  • 高麗人参と正官庄 紅参の違いは ?
  • 高麗人参(水参)の殆どは人工栽培したものです、高麗人参は水分が多いため長期保存がしにくいので加工が必要です。
    加工方法には紅参、白参の2つあります、正官庄 紅参は韓国産の6年根を厳選し奇麗に水洗いし表皮を剥かずに蒸して水分が14% 以下になるまで乾燥させたものが正官庄 紅参です、加工の過程で赤褐色になることから「紅参」と呼びます。
  • 6年根はどうしていいの?
  • 高麗人参は、栽培年数によって栄養価がたかくなります、特に重要な成分の人参サポニンの量が違います、高麗人参の全体からみて栄養素の量、バランスは6年根が最高値に達しこの年数が限界といわれています、7年以上になると害虫、病害が発生し表皮組織が老化を起こします。
    高麗人参は病気にかかりやすく6年根まで育てるのがかなりのコスト、手間がかかる難しい農作物といわれています。
  • 薬と一緒に飲んでもいいでしょうか?
  • 高麗人参「正官庄 紅参」は健康食品ですから薬と一緒に飲んで結構ですが、担当のお医者さんと良くご相談なさってください。
  • 正官庄・高麗人参サポニンとはどんな栄養素?
  • サポニン(saponin)とは、シャボン玉のシャボン(ラテン語)と語源は同じで、水に溶かしてもなかなか消えない泡が立つ性質を持つ成分につけられている名称です。

    サポニンは、植物の根、葉、茎、実などに広く含まれている特にマメ科の植物に多く含まれています。
    苦味やエグみなどのもととなる成分です。
    高麗人参特有のサポニンをジンセンノサイド(ginsenoside)といいます、ジンセンノサイドとは、高麗人参(ginseng)と配糖体(glycoside)の合成語で高麗人参に含まれている配糖体のことで特異な化学構造をもった成分です。
    高麗人参が2000年以上も昔から体に良いと言われてきました、それは人参サポニンの働きであることが現在科学で解明されました。

    参人サポニンの種類、数が多くさらにバランスがいい高麗人参が優良とされています。

    正官庄 紅参が40種類以上のサポニンが確認されています。現在市場に出ている紅参では最高の品質です。

    人参サポニン(シンセノサイド)の詳しい作用、働きは論文やインターネットをご参照お願いします。

PAGETOP