韓国の高麗人参、中身は

韓国産の高麗人参に?

韓国の高麗人参、中身は中国産なのに価格は中国の9倍―中国メディア

こんな記事が配信されました、配信日時:2013年6月12日(水) 1時24分

2013年6月10日、韓国で販売されている高麗人参(朝鮮人参)の原材料はほとんどが中国産だが、韓国ブランドになるだけで、その販売価格は中国からの輸入価格の9倍にも跳ね上がるという。中国広播網が伝えた。

中国は薬用人参の生産大国だ。毎年多くの薬用人参を極めて安い値段で韓国へ輸出するが、韓国で加工されると中国産の人参が高麗人参に姿を変える。一般に中国国内で販売されている中堅ブランドの薬用人参は500g当たり約300~400元(約4800~6400円)。韓国の有名ブランド・正官庄の高麗人参になると、500g当たり1万9000元(約30万4000円)と非常に高額だ。吉林省撫松県の人参販売会社によると、中国で販売されている高麗人参の多くは、韓国メーカーの商品として包装だけを取り換えたものであり、中身は中国製のものと同じだという。

吉林省農業委員会の関係者によると、世界中に出回っている薬用人参の7割が中国・吉林省産のもので、そのうちの5割が日本や韓国に輸出されている。2010年1-6月の半年間における中国の薬用人参の平均輸出価格は1kg当たり15ドル(約1480円)だったが、韓国の高麗人参の輸出価格は1kg当たり139ドル(約1万3700円)で、中国の約9倍に。この差について、中国の業界関係者は「ブランド力の違いだ」と指摘。韓国の高麗人参ブランドに対抗できない現状を嘆いている。(翻訳・編集/本郷)

 

高麗人参(朝鮮人参)・紅参は、どれも同じではありません

高麗人参は、2000年も前から健康維持や栄養補給などの素材として有名ですが、現在の市場に出ている高麗人参は人口栽培されたものです、ですので栽培地や栽培年数、加工方法、栄養素の抽出方法などで高麗人参の主要素の人参サポニンをはじめとする各栄養の種類、数、含有量が全く異なります。

高麗人参の商品をお求めの際は、政府が作成した認証マークの有無などをご確認することが大切です。

 

 
 
正官庄 紅参精(エキス)は健康維持に最適! →  正官庄 紅参精(エキス)は高麗人参の本物→  正官庄 紅参精のご注文は → 
 
 
 
 

PAGETOP