高麗人参のサポニンとは

高麗人参の最も重要な栄養分

高麗人参(朝鮮人参)には、沢山の栄養素が豊富に含まれています、私たちの身体にいろんな働きをする栄養素の中でも最も重要な成分が人参サポニンです。

高麗人参のサポニンって、

高麗人参の主成分の1つに人参サポニンという成分があります。

サポニンは植物界に多く存在ますが、人参サポニンは他の植物から発見されたサポニンとは違って、得意な化学構造になっているだけでなく、その働きも非常に異なっています。

サポニンとはどう言う意味でしょうか?

サポニンとは、シャボン玉のシャボン(ラテン語)と語源は同じであることから明らかなように、水と混ぜて振ると泡立つ性質(起泡性)がある。

人参サポニンは配糖体の一種

人参サポニンは、糖と他の成分が酵素を仲介に結合した(二個以上の糖が結合したもの)配糖体の一種で、人参サポニンは結合する物質より作用を発揮します。

現在までに人参サポニンは30余種類が確認されています。

高麗人参の良否は人参サポニンの含有量で決まるとも言われているくらい重要な成分なのです。

 

高麗人参(朝鮮人参)・紅参は、どれも同じではありません

高麗人参は、2000年も前から健康維持や栄養補給などの素材として有名ですが、現在の市場に出ている高麗人参は人口栽培されたものです、ですので栽培地や栽培年数、加工方法、栄養素の抽出方法などで高麗人参の主要素の人参サポニンをはじめとする各栄養の種類、数、含有量が全く異なります。

高麗人参の商品をお求めの際は、政府が作成した認証マークの有無などをご確認することが大切です。

 

 
 
正官庄 紅参精(エキス)は健康維持に最適! →  正官庄 紅参精(エキス)は高麗人参の本物→  正官庄 紅参精のご注文は → 
 
 
 
 

PAGETOP