高麗人参(朝鮮人参)の摂取する注意点

高麗人参商品の摂取の注意点

高麗人参は安全な天然植物ですが、食べたり飲んだりする際には注意が必要です。健康食品とはいえ、何らかの薬理作用があると言われている限り、誰にでも安心というわけではありません。

ご注意すべき人は以下のようです。

消化器官(胃腸)が敏感な方

消化器官(胃腸)が敏感な方は空腹時を避け、食後1時間以内に摂取するようにした方がいいと言われています。
初めて摂取する時は推奨量の半分程度を摂取し、徐々に量を増やすようにしたほうがいいでしょう。

風邪などで熱

風邪などで熱がでている時は飲まない方がいいと言われています。
大きなおできがあったり、蓄膿症でウミが出るなど化膿性の炎症があるときも飲まない方がいいでしょう。

持病のある方

持病のある方や何らかの治療を受けている方
持病に影響する場合があるかもしれません。
とくに、心臓疾患や出血性の病気などには禁忌と言われています。

処方薬との相互作用

また、処方薬との相互作用の危険性がある恐れもあります。
医薬品(糖尿治療剤、血液抗凝固剤)を服用時はご注意下さい。
特異体質などアレルギー体質の方は、成分を確認してから摂取したほうがいいでしょう。

妊娠中・授乳中の方

高麗人参は駄目ですとは言われていませんが、身体は非常にデリケートな時期ですので注意が必要です。
高麗人参の滋養が妊娠・授乳中に適しているという声もありますが、念のため医師に相談してください。
もし摂取される場合は、できるかぎり信頼ある会社の製品で、なおかつ妊娠・授乳中の用量や注意点についてしっかりと明記されている製品を選んでください。

乳幼児

高麗人参の成分が強すぎるものもあります、乳幼児には飲ませない方がいいでしょう。

子ども

乳幼児と同じように、高麗人参の成分が強すぎるため基本的には子どもには与えないようにしますが、商品によっては「少量にかぎり摂ってよい」とする製品もありますが、細心の注意が必要です。

医療機関を受診

※ 医療機関を受診している方は、高麗人参(健康食品)を摂取する際に医師へ相談することが大切です。
高麗人参(健康食品)を利用してもし体調に異常を感じたときは、直ぐに摂取を中止して医療機関を受診し、最寄りの保健所にもご相談することをおすすめします。

コメントを残す