高麗人参と「副作用」の考え方

高麗人参(朝鮮人参)には「副作用がない」と言う学者、高麗人参(朝鮮人参)には「副作用がある」と言う学者がいます。

まず「副作用」の考え方

ではまず副作用とはなにか。
広辞苑には「医薬の一定の作用を利用して治療しようとする時、それに伴って、治療の目的にそわないか、または生体に不都合な作用が起こること。また、その作用」となっています。

医学者は、「治療の目的で用いられるものを薬の主作用といい、治療上ひつようのない有害な作用を副作用と呼んでいます。」
どんな薬でも両方の作用をもっており、副作用は必ずあります。

具体的には、治療以外の作用で健康なところを悪くするような影響がでることを薬の副作用と言っています。
例えば、薬を飲み続けるうちに、肝臓を悪くしたり、腎臓に障害がでたりすることが副作用と考える事が出来ます。

東洋医学の副作用

しかし、東洋医学では副作用と言う概念がないと漢方学者は言っています。
東洋医学では副作用が出た場合は「誤治」と言いいます。
西洋医学における医療ミスは医療過誤に当たり、ようするに診断ミスか投薬ミスとみなされています。

瞑眩(めんげん)

東洋医学には「瞑眩(めんげん)」と言う概念があります。
「好転反応」とほぼ同じ意味だそうです。

治療中に一時的に病状が悪化しますが、その後完全に回復するような状態を指します。

高麗人参(朝鮮人参)に副作用はない

高麗人参(朝鮮人参)には副作用はないというのが多くの学者の見方です。
また、高麗人参(朝鮮人参)は、世界保健機構(WHO)やヨーロッパ薬局方(EP)、米国FDAから、副作用のない食品であるという認証を受けているそうです。

高麗人参(朝鮮人参)・正官庄 紅参は現在まで副作用の報告はないそうです。

高麗人参(朝鮮人参)摂取の注意点

高麗人参(朝鮮人参)の摂取には注意点があります。
詳しくは、

サイト内リンク:高麗人参(朝鮮人参)の摂取する注意点 | 正官庄紅参精ショップ

をご参照くさだい。

しかし、高麗人参(朝鮮人参)すべてが該当するわけだはありません。
高麗人参(朝鮮人参)は多種多様に存在します。
お求めは慎重にお願います。

コメントを残す