高麗人参(朝鮮人参)6年根紅参エキス抽出法

高麗人参(朝鮮人参)の有用な成分を最大限に引き出すため、様々な加工法・抽出法が試みられてきました。

正官庄紅参精(エキス)は、「低温工法」と「水抽出法」で高麗人参の成分を抽出しています。

このページの目次

低温工法

正官庄紅参精(エキス)は、厳選された6年根紅参を低温工法という新しい工法で抽出されています。

水から低温で長時間煎じ、最適の条件で長時間煮詰めることで有効成分をほぼすべて抽出します。

この新しい低温工法(熟成・遠心分離)により、サポニンの量を増加させ、高麗人参特有の苦みもおだやかになっています。

正官庄 紅参精

水抽出法

高麗人参のエキスの抽出法には、アルコール抽出法と水抽出法があります。

正官庄が採用しているのは「水抽出法」です。

水抽出法は、アルコール抽出法に比べるととても時間がかかります。

でも時間がかかるからこそ、紅参に含まれている貴重な栄養分のアミノ酸、タンパク質、糖類をていねいに抽出することができます。

水抽出法は、効率が悪い方法です。

そのため多くのメーカーはアルコール抽出法を採用しており、水抽出法を採用しているメーカーは多くありません。

このように、手間と時間を惜しまずに、韓国産6年根紅参の有効成分をほぼ全て抽出したものが「正官庄紅参精(エキス)」です。

コメントを残す