高麗人参には人参サポニン

高麗人参の主成分は人参サポニン

高麗人参には、ビタミン、ミネラル、アミノ酸、核酸、炭水化物など多くの栄養素が豊富に含まれます。
その中でも、高麗人参には30種類以上のジンセノシド(人参の「ginseng」と配糖体の「glycoside」との複合語)と呼ばれる人参サポニンが豊富に含まれます。

人参サポニンとは

人参サポニンとは化学的にはステロイドの配糖体で多くの植物に含まれる物質です。
水に溶けると石鹸のような泡が立つ性質を持つため、シャポンの意味のあるサポニンという総称で呼ばれます。

しかし、一口にサポニンといってもそれが含まれる植物によって化学構造はそれぞれ異なり、性質も異なります。
高麗人参のサポニンは他の植物には見られない特殊な化学構造を持っているため優れた作用があるとされています。

また、サポニンの含有量はほぼ6年根をピークとし、その後は徐々に減少していきます。

※高麗人参は、医薬品ではありませんが、ご利用に際し持病などおありの方は医師へのご相談をお勧めします。

コメントを残す