高麗人参で「疲れ」知らず

疲れの問題

「疲れ」は体の3大SOSの1つといわれています。
健康な体を維持するために重要な問題とされています。
現在就労されている人口の6割以上が「疲れ」の自覚症状が出ているといわれています。

そもそも疲れには身体的疲れと精神的な疲れの2種類があります。
体を動かし続けたり、過密なスケジュールや睡眠不足。
ストレス社会ともいわれている現代の社会で知らず知らずの内に疲れを体に溜め込んでいることも多く、疲れを取らずに残したままではいずれ心身の疾患に繋がる恐れがあります。

この疲労感は体を休ませるために、脳が出しているサインだといえます。

疲れの回復

疲れを回復させる方法として例えば3つ挙げます。

  1. ゆっくりとお風呂にはいり、しっかり睡眠をとる
  2. 栄養バランスのとれた食事をとる
  3. 適度な運動をする

いずれも一過性の解決策に過ぎず、根本的な解決には至ってい無いのではないでしょうか。

溜まった疲れを取り除き、さらに予防を期待ができるのが漢方の王様として昔から万能な健康食品として有名は高麗人参です。

高麗人参には他の植物には存在しない豊富な栄養素が含まれています。

ジンセノサイド

高麗人参特有の成分がサポニン=ジンセノサイドです。

少し具体的には高麗人参サポニン・ジンセノサイド「Rg1」という成分です。
「Rg1」には疲れを取る働きと、疲れ難くする働きの両方があります。

疲れを感じる多くの方々は、疲れが原因で様々な不調に悩んでおられます。

それらの不調を根本から取り除く働きをするのがサポニン・ジンセノサイドRe、Rb1、Rg3などの40種類以上のサポニン・ジンセノサイドです。
サポニンはそれぞれ違った働きで体内から元気にし疲れを取ったり、疲れにくい体をつくったりなどの有効な作用をもっています。

多くの方々の健康で元気、快適な日々に寄与できればと願っています。

コメントを残す