正官庄紅参の特有成分サポニン

人参サポニン

正官庄紅参には主成分の人参サポニン群を始めとしてビタミン類、ミネラル類、アミノ酸類、炭水化物などの栄養素が豊富にバランス良く含有されているのが特徴です。

高麗人参特有のサポニンをジンセンノサイドといいます。
ジンセンノサイドとは高麗人参(ginseng)と配糖体(glycoside)の合成語で高麗人参に含まれている配糖体のことです。

サポニン(saponin)とはシャボン玉のシャボン(ラテン語)と語源は同じで、水に溶かしてもなかなか消えない泡が立つ性質を持つ成分につけられている名称です。

サポニンは多くの植物に含まれ多量に飲食すると毒性を表す性質を持っているそうですが、高麗人参のサポニンには毒性がないのが特徴で、長期間飲用しても習慣性がなく副作用もないということです。
他の植物では見られない特殊な化学構造をしているからといわれています。

人参サポニンのバランス

人参サポニンを区分すると、ジオール系、トリオール系、オレアノール系の3つに分類できます。

人参サポニンで最も大事なことはバランスです。
ジオール系、トリオール系は相反する働きがあります。
例えば、上げる働き、下げる働き、さらには興奮する働き、抑制する働きなど。

このバランスが悪いものは身体によくありません。

高麗人参の実や葉にはトリオール系のサポニンが根の部分より多く含まれていますが、ジオール系が極端に少ないです。
ジオール系、トリオール系のバランスがいいのは根の部分です。

正官庄紅参のサポニンの分類

  • オレアン系
  • ジンセノサイド Ro
  • ジオール系
  • ジンセノサイド Ra1-3
  • ジンセノサイド Rb1-3
  • ジンセノサイド Rc
  • ジンセノサイド Rd
  • 20(S)シンセノサイド Rg3
  • ジンセノサイド Rk1
  • ジンセノサイド Rg5
  • ジンセノサイド Rh2
  • CK
  • PPD
  • トリオール系
  • ジンセノサイド Re
  • ジンセノサイド Rf
  • ジンセノサイド Rg2
  • ジンセノサイド Rg1
  • 紅参類 特有成分
  • ジンセノサイド Rh2
  • 20(S)ジンセノサイド Rg3
  • ジンセノサイド Rk3
  • ジンセノサイド Rf1
  • 20(R)ジンセノサイド Rh1
  • ジンセノサイド Rh4
  • PPT

コメントを残す