高麗人参(朝鮮人参)の日本での歴史

高麗人参の歴史

高麗人参(朝鮮人参)は中国の遼東から朝鮮半島を原産地とする植物で、健康食品として知られています。

人参の根の形が人の姿のようであることから「人参」と呼ばれるようになり、その後の普及にともなって「高麗人参」「朝鮮人参」「オタネニンジン」と呼ばれるようになったと言われています。

日本では「オタネニンジン」と呼ばれることがありますが、これは幕府が各諸藩に高麗人参(朝鮮人参)の種を分けるときに御輿にお種様と記されていたので「お種人参」といわれるようになったそうです。

高麗人参(朝鮮人参)が朝鮮から日本に伝わってきた最古の記録として、739年(天平11年)に渤海の文王が聖武天皇に高麗人参30斤を贈ったことが確認されています。

その後も、朝鮮半島から継続して贈られてきた高麗人参(朝鮮人参)は、その体にいいとまたたくまに需要が増えていったそうです。

日本での高麗人参栽培の始まり

長い歴史を通じて日本に普及された高麗人参(朝鮮人参)は、やがて国内でも栽培が試みられるようになり、1729年(享保14年)にはじめて国内栽培に成功しています。

栽培が全国で始められましたが、今と違い品種改良がカンによる時代、栽培適地が限られて幕末のころには島根県、長野県、福島県に産地が集約されたと言われます。

現在でも日本では福島県会津地方や長野県東信地方、島根県松江市大根島などが高麗人参(高麗人参)の産地として知られています。

コメントを残す