冷え性に悩む女性に正官庄がおすすめの理由

冷え性に悩む女性はたくさんいますが、冷え性の男性というのはあまり耳にしません。

オフィスのエアコンの室温調整でも、男性は「暑いからもっと温度を下げて」、女性は「寒いから温度を上げて」というような光景はよく見られます。

でもどうして女性ばかり冷え性になってしまうのでしょうか。

今回は女性が冷え性になる理由とその対策について考えてみます。

凍える様な仕草の女性の画像

冷え性で悩む女性が多い理由

女性の体は男性に比べると脂肪が多く筋肉が少ない作りになっています。

脂肪には一度冷えると温まりにくいという性質がありますし、筋肉は熱をつくる働きをします。

これが女性に冷え性が多い理由と言われています。

またダイエットのために炭水化物や肉類の摂取量を減らすと、体温を上昇させるためのエネルギー不足となって冷え性に拍車がかかってしまうのです。

月に一度ある生理も冷え性に関係があると言われています。

生理が近くなると子宮を温めるために子宮に血液が集まりやすくなります。

すると手足など抹消の血液の流れが滞ってしまい冷え性になってしまうのです。

冷え性におすすめの対策は?

冷え性対策としてはやはり体を温めるのが一番です。

お風呂で体を温める

面倒だからとシャワーだけで済ませずに、湯船にしっかりとつかりましょう。

ぬるめのお湯で半身浴をする方も多いようですが、それでは全身が温まりません。

41~42度とやや熱めのお湯に10分程度つかるのがおすすめです。

血管が拡張して手足の指先まで血行がよくなります。

食事で体を温める

ダイエットのためにサラダばかりを食べる人がいますが、こんな食事では体を冷やしてしまいます。

野菜を食べるなら温野菜がおすすめです。

かぼちゃ、にんじん、カブ、ネギ、ニラ、ショウガなどには体を温める効果があるので積極的に摂るようにしましょう。

冷え性と漢方

冷え性は病気ではなく体質的なものです。

そのため体質改善をして病気を未然に防ぐ漢方の考え方が注目されています。

漢方には「未病」という考え方があります。

病気といえるほどの症状はないが体調が優れないという状態です。

しかしこれは体がSOSを発信している状態なので、早めに手を打って病気を未然に防ごうというのが漢方の考え方です。

漢方においては昔から高麗人参が重用されてきました。

その高麗人参の中でも希少な「6年根紅参」の有用な成分を余すところなく抽出したのが「正官庄紅参精」です。

冷え性でお悩みの方!すばらしい有用成分を豊富に含む正官庄をお試しください。

コメントを残す