2000年以上も昔から貴重

高麗人参の働きについては、2000年以上も前の中国最古の薬物書である「神農本草経」に記されているのが最も古いとされています。
しかし当時の医学書とも言える薬物書に記されるより以前に民間薬としてすでに使用されその薬効の確かさを知っていた人々がいたといわれています。
この高麗人参の効果は山参と呼ばれていた時代のものです。
山参とは山奥にしか自生せず、韓国人でも実物を見た者は少ないという極上品。
高麗人参の凄い働きの成分はなんであるのかを現代の分析技術によって解明され「人参サポニン」であることが解っています。
現在健康食品として市場に出ている高麗人参は人口栽培されたもので山参とはすべての面で異なります。 しかし健康食品としての栄養価は凄いものです、特に高麗人参の特有の成分に人参サポニン(ジンセノサイド)がありますが、栽培条件や加工方法でサポニンの種類、数、バランスが違うことも解ってきました。
栽培年数とサポニン含有量(mg/g)
・6年根……16.2mg
・5年根……14.2mg
・4年根……8.39mg
6年根がサポニンの含有量がピークになるといわれています。紅参に加工される方法や技術によってサポニンの種類が変わっています。
正官庄 紅参は120年以上の歴史と技術と品質を誇る世界紅参のパイオニアです。
高麗人参は、本場韓国では古くから珍重され、当時は身分の高い人にだけ使用を許可していました。
現在では、韓国をはじめ中国や日本、アメリカ、ロシアなど多くの国で栽培され健康食品として一般の方々も利用できるようになっています。
高麗人参は美容と健康に欠かせない栄養素がキッチリと充実した食材です。
高麗人参は健康に良い! とはいいますが、どのような成分が、どのように体にいいのか、そこがぼんやりしていると何となくシッキリしません。
しかし高麗人参は健康食品として販売している以上このサポニンがこのような効果効能がありますと説明はできません、薬機法(旧薬事法)違反に成るのです。
高麗人参には様々な有効成分が豊富に含まれています。1つの高麗人参に40種類ほどのサポニンが含まれてその1つ1つが別々の働きで体や心を健康にします。 高麗人参は美と健康に必要な栄養成分がぎゅっと詰まった食品です。
まだまだ解明されつくしてはいないほど、その成分はさまざまです。
高麗人参には体や心に良い栄養素が豊富に含まれています、主な栄養素は人参サポニン(ジンセノサイド)を筆頭に
主な栄養素として、

人参サポニン

高麗人参の有効成分はジンセノサイドと呼ばれる、サポニン配糖体の一種であり、苦みや渋みの正体です。
ジンセノサイドは、Rb1やRg1などの約40種類の成分の集まりであり、
Rb1、Rg1など、それぞれに独立した働きをします、また複数の組み合わせで働くなど相乗効果により発揮された結果、高麗人参の素晴らしい働きになるのです。
サポニンは様々な植物に含まれる成分ですが、高麗人参には群を抜いた、圧倒的な量が含まれています。

特有成分アルカロイド

いろいろの機能を高める働きをする成分です。

ビタミン類

高麗人参に含まれるビタミンは水溶性ビタミンである、B1、B2、B12、葉酸、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、リボフラビン、ビタミンCなどの栄養素が含まれています。

ミネラル類

ナトリウム、マグネシウム、カリウム、カルシウム、鉄、リン、マンガン、亜鉛、アルミニウム、銅、モリブデンなど、豊富なミネラルが含まれています。

アミノ酸類

窒素化合物をほぼ占めるのがアミノ酸です。
体外からの摂取が必要不可欠な必須アミノ酸である、バリン、イソロイシン、ロイシン、リジン、スレオニン、メチオニン、ヒスチジン、フェニルアラニン、アルギニンを含み、他にも非必須アミノ酸のセリン、グルタミン酸、グリシン、アラニン、アスパラギン酸、プロリン、チロシンが含有されています。 さらに、コリン、ペプチド、ウラシル、アデノシンなどの核酸も含まれ、様々な働きが期待できる研究報告がなされています。
高麗人参には豊富にアルギニンが含まれている、アルギニンとはアミノ酸の一種です。その中でも、体内で生成することが出来るので「非必須アミノ酸」に分類されます。
このように健康や美容に不可欠な栄養分が豊富にさらにバランスよく補給できるのも、高麗人参の最大の特徴です。
健康食品として今や世界の多方面から注目を浴びる高麗人参です。

徳川家康も高麗人参の愛飲者 66歳で子供も

徳川家康も高麗人参の愛飲者で常に携帯し体調が優れない時は常用していたとされています。
当時の平均的な寿命は現在と比べてかなり短く人生50年言われていた時代に徳川家康は大病もせず当時の75歳まで生きたのです。
その間16人の子供をつくり、そのうち3人は60歳を過ぎてからで66歳でも子をもうけています。 当時の平均寿命から考えて超人的な精力者です。
これは高麗人参の影響も大であると言われています。
高麗人参にはアルギニンが豊富に含まれている、アルギニンは男性機能を強める成分と言われています。

高麗人参は万能食材

高麗人参には素晴しい有効成分がそれぞれバランス良く含まれていることが万能健康食品の秘密かもしれません、これは6年根の高麗人参に限ります。
高麗人参は体にいいと漠然としたものでなくご自分の体が欲しい要素が何か、
人によって高麗人参の成果の現れ方は違います。同一の食物を摂取しても生体の反応は同じとは限りません。遺伝子によるものであったり、生活環境などの影響による個体差であったりが生じるのは否めませんが、と云ってこの優れた成果を否定するものではありません。
一方、高麗人参の商品にも大きな差があるのも確かです。高麗人参の産地、年数、加工方法なども商品によって様々です。この中から自分に合ったものを探し出すのは容易ではありませんが必ず見つかります。 高麗人参を選ぶ一助になればと「あなたにオススメの商品」として掲載してきました。自分自身でも試しながらこれならと思う商品を挙げたつもりです。
世間一般の高麗人参に対する見方は“健康に良いらしいけれど、具体的に何が良いのか分からない”といったレベルに留まっているのが現状です。
兎に角人参サポニンの働きを理解することです。
諦めずに継続が必要です。
10年連続世界売上NO.1の正官庄 紅参ブランドは、安心、安全、高品質は勿論ですが、何よりも、前述の豊富な栄養素が健康で元気な体と心を作りに貢献しているからでしょう。