高麗人参 6年根と4年根の違い

2000年以上の長い歴史を持つ高麗人参(朝鮮人参)は収穫された生の高麗人参(水参)のままでは長期の保存はできないのです。
保存するためには加工する必要があるのです、加工方法は「白参」(ハクジン)と「紅参」(コウジン)に大別されます。
たいていの場合、4年根は白参、6年根は紅参に加工されことが多い。高麗人参(朝鮮人参)は、毎年秋が深まると地上部分は枯れてしまい、土の中で根だけが冬を越します。
翌春、芽を吹いてきた枝葉は、年を重ねるごとに葉柄の数が1本ずつ増えていき、2年根で2本、3年根で3本、4年根で4本というように増えて、6年根では6本の葉柄になります。葉柄は、6年目以上は増えませんが、太陽光を効率良く受け、同時に葉が重ならないような茂り方は、葉柄6本が最高です。
高麗人参(朝鮮人参)はこの時、生長のピークを迎え、「土の力」を極限まで吸収・蓄積し、高麗人参(朝鮮人参)として最も充実した状態となります。
6年間、人参を栽培した土地(畑)は、10年間くらい休ませなければ次の栽培が行なえないほど「土の力」を吸収されて疲弊するため、 6年根(紅参)を栽培するには、「正官庄」を製造している韓国人蔘公社からの資金援助なくしては到底困難なため、一般では白参(4年根)で製品化する場合が圧倒的に多いようです。

紅参(6年根)と白参(4年根)の違い

紅参(6年根)白参(4年根)
栽培者主として韓国人参公社と契約した農家で栽培。 (北緯38度~ソウルにかけて)民間農家で自由栽培。 (6年根紅参畑エリアより南のエリア)
主な加工と 最終製品皮付きのまま蒸し、後に乾燥 「紅参」表皮を剥いてそのまま乾燥 「白参」
成分特徴サポニン(ジンセノサイド)の種類も量も充実。糖質は少な目。蒸しているため、消化吸収にすぐれている糖質が多く、サポニン量は増加途上。表皮を剥いているため、表皮付近に多いサポニン量に損失あり。
栄養値サポニン(ジンセノサイド)を筆頭に栄養値はほぼピーク生育途上でありサポニンの含有量も他の栄養値も未熟です。

独特の成分 ジンセノサイド

紅参(6年根)に含まれている成分の代表は、サポニンですが、高麗人参では、1965年に高麗人参のサポニンを発見した。この時、分析順に、ジンセノサイドRa、Rb1、 Rc、Rd、Re、Rf、Rg1、Rg2、Rg3、Rh1、と命名したものが、現在の高麗人参のサポニン(ジンセノサイド)の呼び名の基礎になっています。
その後、ジンセノサイドの研究がすすみ、正官庄 高麗人参には40種類以上のジンセノサイドの存在が確認されています。
1種類ごとに異なる働きを持つジンセノサイドと複数のジンセノサイドの組み合わせで体内で協力しあい、補完しあって健康維持増進に役立っています。

紅参6年根のその他の主な成分

1. アルギニン誘導体
2. 酸性多糖体
3. アデノシン、ピログルタミン酸
4. パナキシトリオール
5. 精油成分(セスキテルペンなど)
6. アミノ酸
7. 有機酸(フマール酸、コハク酸、マレイン酸、リンゴ酸など)
8. ミネラル(カリウム、カルシウム、マグネシウム、マンガンなど)
9. ビタミン類
10. オリゴ糖

10年連続世界売上NO.1の正官庄 紅参ブランドは、安心、安全、高品質は勿論ですが、何よりも、前述の豊富な栄養素が健康で元気な体と心を作りに貢献しているからでしょう。