高麗人参・紅参の自由化

韓国政府の専売品

高麗人参が本格的に栽培されて以来韓国では約100年の間韓国政府の専売品として「正官庄 紅参」を現在の㈱韓国人蔘公社が製造販売してきました、他社の製造販売はできなかったのです。

紅参製造の自由か

1996年に紅参の製造専売制が解禁となり、それまでおよそ100年続いた韓国政府の専売品【正官庄】でありました【紅参】の製造が自由化となり、農協や民間の企業でも紅参が製造できるようになりました。

ただし「正官庄」のブランド名は㈱韓国人蔘公社が製造する紅参製品だけが使用することは現在も変わっていません。

紅参の製造販売が自由化されても、その製造方法や品質については、今も変わらず国の厳しい検査が行われています。

正官庄 紅参は約100年の製造実績、他方農協や民間の企業の紅参製造実績は約20年くらいです、勿論製造方法も品質も異なります。

 

高麗人参(朝鮮人参)・紅参は、どれも同じではありません

高麗人参は、2000年も前から健康維持や栄養補給などの素材として有名ですが、現在の市場に出ている高麗人参は人口栽培されたものです、
ですので栽培地や栽培年数、加工方法、栄養素の抽出方法などで高麗人参の主要素の人参サポニンをはじめとする各栄養の種類、数、含有量が全く異なります。

高麗人参の商品をお求めの際は、政府が作成した認証マークの有無などをご確認することが大切です。

 

 
 
正官庄 紅参精(エキス)は健康維持に最適! →  正官庄 紅参精(エキス)は高麗人参の本物→  正官庄 紅参精のご注文は → 

 
 
 
 

PAGETOP