高麗人参の6年根がどうしていいの?

高麗人参(朝鮮人参)・紅参は、どれも同じではありません

栽培地や栽培年数、加工方法、栄養素の抽出方法などで高麗人参の主要素の人参サポニンをはじめとする各栄養の種類、数、含有量が全く異なります。

高麗人参の商品をお求めの際は、政府が作成した認証マークの有無などをご確認することが大切です。

「正官庄 紅参精」は、高麗人参の6年根のみを使用しています。

6年根は16年に一度しか収穫できない、とても貴重なものです。

高麗人参は、大地の栄養分を十分に吸収しながら成長します。

そのため、6年かけて高麗人参を栽培すると、その土地は栄養不足になってしまい、「その後10年間は、その土地が使えない」ということになってしまうのです。

だから「16年に一度の収穫」なのです。

高麗人参の成長はとても遅く、3~4年根でもやっと万年筆ぐらいの太さです。

5年から6年めにかけて急速に根が太くなり、そこに含まれる人参サポニンも充実してきます。

高麗人参の6年根

高麗人参に含まれる人参サポニンは30種類以上ありますが、6年値になるとこのバランスもよく、アミノ酸やビタミン類、各種ミネラルも豊富に含まれるようになります。

逆に7年、8年と時間が経つと、サポニンの量はだんだんと減ってきます。

そのため昔から、6年根は薬効が高いとされ、とても高級品として扱われてきました。

トミプロドットコムでご紹介している「正官庄 紅参精」は、すべてこの「高麗人参の6年根」から抽出されたエキスです。

だから、皆様の期待にお応えできます。

ぜひぜひ「正官庄 紅参精」をご利用ください。

 
  正官庄 紅参精(エキス)は健康維持に最適!→ 正官庄 紅参精(エキス)は高麗人参の本物 →  正官庄 紅参精のご注文は → 
 
 
 
 

PAGETOP